工業用クロムめっきのエキスパート Φ4000の大型ロールから小型・精密部品まで幅広く対応 円筒研削加工 鏡面仕上げ加工、バフ研磨仕上げ等、確かな技術と実績

よくある質問

鏡面仕上げ・研削・研磨梨地加工等に関するお問い合わせ クロムめっきに関するお問い合わせ お取引等に関するお問い合わせ

Q クロムめっき後の製品に寸法精度が必要とされているのですが、対応は可能ですか?
  クロムめっき後に研削仕上げ等を行わない場合には、均一なめっき厚が得られるような治具を製作してめっきを行えば、寸法公差内に仕上げることも可能です。
なお、この場合は、形状や大きさ、寸法公差の巾および、めっき厚等に左右されますので、事前にお問い合わせ下さい。
  質問一覧へ戻る

Q クロムめっき後の製品に鏡面仕上げが必要とされているのですが、対応は可能ですか?
  円筒鏡面研削仕上げ加工(バーチカル仕上げ加工)を行えば、0.05S以上の鏡面仕上げが可能です。
なお、当社では外径70mm〜4000mmまでのロールを、鏡面仕上げする事ができますので、まずはお問い合わせ下さい。
  質問一覧へ戻る

Q クロムめっき後の製品に凹凸表面が必要とされているのですが、対応は可能ですか?
  ブラスト処理等を行うことによって、任意の凹凸表面を得る事ができます。
軟鋼材相当製品の場合は、表面粗さRa1.0〜8.0範囲内の加工が可能です。
また、その他の材質製品の場合は、お問い合わせ下さい。
  質問一覧へ戻る

Q クロムめっき後の製品に油溜まりが必要とされているのですが、対応は可能ですか?
  ポーラスクロムめっきを施すことによって、クロムめっき表面に溝状もしくは、ピット状の油溜まりを作ることができます。
油溜まりの面積比率等は、お客様の仕様に合わせる事が出来ますので、お問い合わせ下さい。
  質問一覧へ戻る

Q ロール等にクロムめっき前後の研削加工をしたいのですが、対応は可能ですか?
  当社ではクロムめっき前後の、外径20mm〜4000mmまでのロール等に、円筒研削加工をする事ができますので、まずはお問い合わせ下さい。
  質問一覧へ戻る

Q シリンダー等の内径にクロムめっき前後の研削加工をしたいのですが、対応は可能ですか?
  当社では、内径研削盤を所有しておりませんので、社内では残念ながらシリンダー等の内径研削加工はできません。
ただし、クロムめっきからの一括加工であれば、協力企業にてシリンダーの内径15mm〜600mm、 外径800mm、全長600mm、質量1000kg以下であれば、内径研削加工することは可能です。
外径形状が特殊な場合には、お打ち合わせが必要となりますので、お問い合わせ下さい。
  質問一覧へ戻る

Q 特殊形状製品にクロムめっき前後の研磨加工したいのですが、対応は可能ですか?
  特殊形状製品はフレキシブルバフ研磨機等により、0.8S程度までバフ研磨仕上げをすることが出来ますので、図面等をメールまたは、FAX(044-277-6187)で送りいただき、お問い合わせ下さい。
  質問一覧へ戻る

お問い合せはこちら

ページの最初へ戻る

ホーム
川崎クローム工業について
製品加工事例
設備情報
品質管理
会社情報
よくある質問
求人情報
お問い合わせ
環境への取り組み
プライバシーポリシー
サイトマップ