工業用クロムめっきのエキスパート Φ4000の大型ロールから小型・精密部品まで幅広く対応 円筒研削加工 鏡面仕上げ加工、バフ研磨仕上げ等、確かな技術と実績

川崎クローム工業について

鏡面・研削・研磨・梨地

参考写真めっきの品質に多大な影響を与える工程に“研削・研磨作業”があり、これらの作業には、高度な技術と豊富な経験が要求されています。
当社は最新の研削・研磨設備と数多くの経験および、豊富な知識を持つ熟練技術者のマンパワーで、高い精度の加工技術を誇っております。
精密部品からФ4000の大型ロールに至るまで0.1S以上の鏡面仕上げ加工が可能です。
また、お客様の要求される各種表面粗さの梨地加工も可能であります。
これらの仕上げ方法は、お客様の要求する精度に柔軟に対応することができますので、お気軽にお問い合わせください。
また、当社は技能検定試験対策、各種資格等取得支援などマンパワーの育成に力を注いでおり、現在の技術・精度にとどまることなく、さらなる技術力の向上に、社をあげて日々努力しております。

鏡面仕上げ加工

熟練技能者の技と、充実した生産設備で、0.1S以上の鏡面仕上げ加工を行っております。これらの製品は、国内はもとより、海外でも多く使用され、ユーザーの絶大なる信頼を受けております。

※クリックすると拡大画像がご覧になれます。

鏡面仕上げ加工参考写真 鏡面仕上げ加工参考写真 鏡面仕上げ加工参考写真 鏡面仕上げ加工参考写真

乾式バフ研磨加工

熟練技能者の手により、クロムめっき前の素地金属表面および、クロムめっき施工後のめっき表面等を、指定の表面粗さ(0.8S程度)に整える精度の良いバフ研磨仕上げ加工を行っております。

※クリックすると拡大画像がご覧になれます。

乾式バフ研磨加工参考写真 乾式バフ研磨加工参考写真 乾式バフ研磨加工参考写真 乾式バフ研磨加工参考写真

湿式バフ研磨加工

各種円筒形状製品の素地金属表面および、クロムめっき施工後のめっき表面等を、粉じんの発生が少ない湿式バフ(フイルム方式・他)で研磨を行い、0.2S程度までに仕上げる精度の良いバフ研磨加工を行っております。

※クリックすると拡大画像がご覧になれます。

湿式バフ研磨加工参考写真 湿式バフ研磨加工参考写真 湿式バフ研磨加工参考写真 湿式バフ研磨加工参考写真

梨地加工

φ1500・質量3トン程度までのロール類に、エメリー、アルミナ等の梨地加工を行い、お客様が要求される表面粗さに対処しております。

※クリックすると拡大画像がご覧になれます。

梨地加工参考写真 梨地加工参考写真 梨地加工参考写真 梨地加工参考写真

グラインダー研削加工

大・小7台の円筒研削盤で、素地金属および、クロムめっきに適合したと石を選定して、めっき前・後の各種円筒形状製品の研削を行い、めっき前寸法および、めっき後の仕様寸法精度に合わせたグラインダー研削仕上げを行っております。

※クリックすると拡大画像がご覧になれます。

グラインダー研削加工参考写真 グラインダー研削加工参考写真 グラインダー研削加工参考写真 グラインダー研削加工参考写真

寸法・精度につきましては、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合せはこちら

ページの最初へ戻る

ホーム
川崎クローム工業について
クロムめっきの特長
標準作業工程
鏡面・研削・研磨・梨地
環境への取り組み
製品加工事例
設備情報
品質管理
会社情報
よくある質問
求人情報
お問い合わせ
環境への取り組み
プライバシーポリシー
サイトマップ